ビバ シンガポール with リンス

アニメ風物語

家族の絆を見守り続けた小さな犬の物語 (第三話)

これは、家族の絆を見守り続けた小さな犬の物語です 第三話 前回までのお話は、私とお母さんのシンガポールでの生活についてでした。マーライオン公園、シンガポール国立博物館、ホーカーズ、どこに行くのも、私はいつもお母さんと一緒でした。当時私は4歳で...
アニメ風物語

家族の絆を見守り続けた小さな犬の物語 (第二話)

こうくんが大学生、とこちゃんが高校の寮生活を始めて、二人とも家を離れた時に、お父さんとお母さんは別居しました、お母さんは、キャリアアップを求め、シンガポールに仕事を見つけ、私を連れてシンガポールに渡りました。
アニメ風物語

家族の絆を見守り続けた小さな犬の物語 (第一話)

「皆様こんにちは! 私はリンスです。私の一生は、犬としてはとてもやりがいのある一生でした。私は、言葉では何も言わないけれど、家族をつなげる粘着剤。自分で言うのもなんですが、超チビのくせに、すごい存在でした。そんな私の大切な家族と私のものがたりを見てください。」
ビバ シンガポール with リンス

令和元年 動く雑貨で運気をつかもう

シンガポールは、街全体が風水を取り入れている 私は、シンガポールでの三年の滞在を経て、2008年に日本に帰国したのですが、帰国の直前に母と娘をシンガポールに呼び寄せ、二人に観光旅行をプレゼントしました。そして三人でシンガポール観光バスツァーに参加しました。もちろん愛犬...
ビバ シンガポール with リンス

リンスとの二人ぼっちの孤独な日々が、今ではかけがえのない大切な思い出です

リンスとの孤独な日々を振り返ることは、私にとっては私の人生を振り返る事です。 これからを、そして今をどう生きるかを考えることです。 私のこのブログの「ときめきカウントダウン」で、大切な思い出を振り返りながら、今を、そしてこれからを幸せに生きる方法を見つけていきたいと思います。
ビバ シンガポール with リンス

シンガポールへの入国時、以前は1か月の動物の検疫係留がありました

2005年~2008年当時は、シンガポールの検疫は、すべての必要な予防接種等を済ませ、抗体の証明もされているのにも関わらず、入国したその日から一月間、動物検疫所での係留が義務付けられていました。私の犬は2回の検疫係留を経験しており、可哀そうでした。
ビバ シンガポール with リンス

ビバ シンガポール with リンス! 2005年 8月新生活のはじまり

息子の大学生活スタート、娘が寮生活2年目の節目に、母私はキャリアアップのためにシンガポールで働くことにしました! 2005年8月最愛の犬のリンスとシンガポールにやってきました。初めての海外生活に不安一杯ですが、これからリンスと共に頑張って行きます。
スポンサーリンク