令和元年 母とハワイ旅行(素晴らしき出会いの旅 DAY-2)

Mysterious light coming down through the clouds親孝行は修行なり
The beginning of the first year of Reiwa, May 1st. Mysterious light coming down through the clouds

DAY-1、DAY-2、DAY-3とハワイで滞在した三日間をそれぞれ記事にして連載しています。今回の記事は「令和元年 母とハワイ旅行(素晴らしき出会いの旅 DAY-2)」です。

令和元年5月1日  トラベロコでオアフ島ガイドをお願いしていたファイアーさんとの出会い

二日目現地時間4月30日は、いよいよ今回の母と私のハワイ旅行のメインイベントのオアフ島観光です。実は日本では、まさに令和元年5月1日でした。この記念すべき日をハワイで過ごしたことは、後々ずっと思い出に残ると思います。

オアフ島観光は、「トラベロコ」というサービスを利用して、ハワイ在住の日本人の「ファイアー」さんに前もってお願いしていました。「トラベロコ」では、世界2352都市の現地在住日本人(ロコ)が登録していて、ロコの方々の写真付きのプロフイールを拝見し、「トラベロコ」専用のメッセージツールでのやり取りを通じて、気に入った(ロコ)の方にお願いするというとても便利なサービスです。「ファイアー」さんにお願いした時、「是非親孝行のお手伝いをさせて頂きたい」と仰って頂いておりました。そのお言葉通りにとても親切にして頂きました。そしてあまり観光客がいない素晴らしい穴場にも案内して頂きました。

アラモアナ・ショッピングセンターの近くの、イオラニ・センターにムームを見に行きました

まず最初に行ったのはイオラニセンターです。母が若い頃ハワイに行ったときに、縫製工場でムームを買った思い出があるそうで、母は今でもそのムームを大切にしています。また一着作りたかったのかどうしても縫製工場に行きたいと言うので、私がネットで見つけたアラモアナ・ショッピングセンター近くの、イオラニ・センターに連れて行ってほしいと「ファイアー」さんにお願いしていました。「ファイアー」さんが事前にショップに問い合わせて下さったところ、縫製工場は6ヶ月くらい前に閉鎖したので補正はできないが、日本人の小柄な人にも合うように小サイズが3種類あって、ほとんどの人に合うとの事でした。お値段はワイキキよりは安いのではないかとの事でした。もちろん行ってみることにしました。行ってみると、広い店内にはお洒落であか抜けたムームやアロハシャツ、グッズが沢山展示されていました。

イオラニ・センター

イオラニ・センター

お洒落なムームやアロハシャツがたくさんが展示されていました

お洒落なムームやアロハシャツがたくさんが展示されていました(子供用もすごくお洒落ですよ!)

ハローキティーやピカチュウーのコラボレーションの商品もありました

ハローキティーやピカチュウーのコラボレーションの商品もありました

イオラニ・センター中央に位置するお洒落なコーヒーショップ

イオラニ・センター中央に位置するお洒落なコーヒーショップ

ワイマナロビーチ「Waimanalo-Beach」は、言葉では言い表わせないほどの美しさ

次に、そしてついに「ファイアー」さん自慢の素晴らしい穴場に連れて行って頂きました。車を停めてビーチの方に向かいました。すると木々の間から目の前に突然開けた景色に母も私も「すごーい!」と叫びました。

木々の間から突然目の前に現れたビーチ

木々の間から突然目の前に現れたビーチ「Waimanalo-Beach」

息をのむ美しさが目の前に広がりました「Waimanalo-Beach」

エメラルドグリーンの息をのむ美しさが目の前に広がりました「Waimanalo-Beach」

雲の合間に不思議な光が降りている

雲の合間に不思議な光が降りている「Waimanalo-Beach」

空と海と雲と山と砂浜の素晴らしいコントラスト

空と海と雲と山と砂浜の素晴らしいコントラスト「Waimanalo-Beach」

ワイマナロビーチのパノラマビュー

ワイマナロビーチのパノラマビュー

ココヘッド「Koko Head」

次は、ココヘッドの景色を見に行きました。雄大な眺めでした。

ココヘッド パノラマビュー

ココヘッド パノラマビュー

後でわかったのですが、写真を撮った中で、不思議な写真が出来ていました。私がIphoneでシャッターを切ったのですが、どうしてこうなったのかわかりません。どなたか理由がわかる方、教えて頂けると有難いです!

ココヘッドの不思議な写真

ココヘッドの不思議な写真

車窓からの眺め

ハワイの人は、海辺か山の上の眺めの景色のいいところに住みたいそうで、山のてっぺんまで住宅が立ち並んでいます。

山のてっぺんまで家が立ち並ぶ中を通る急な坂道の道路

車窓から見た山のてっぺんまで家が立ち並ぶ中央を通る急な坂道の道路

車窓から見た美しい木の花

車窓から見た美しい木の花

ファイアーさんお薦めデザート

ファイアーさんお薦めのデザート

ファイアーさんお薦めのデザート

素敵なファイアーさんとの出会いが、ハワイのいい思い出となりました

あれよあれよと美しい景色に母と私が歓声をあげているうちに、ファイアーさんとの約束の3時間があっという間に過ぎてしまいました。ファイアーさんには、本当に親切にして頂いたので、トラベロコでのお支払い以外に何かお礼がしたくて夕食にお誘いしましたが、残念ながらご遠慮されました。代わりにフルーツのデザートの美味しいお店に連れて行ってもらい、そこでデザートをファイアーさんにご馳走させて頂きました。とても美味しかったです!

アラモアナセンターで車を降ろして頂き、ファイアーさんにとそこでお別れしました。

ファイアーさんにはワイマナロビーチ等、素晴らしい場所にご案内頂き、とてもいい思い出となりました。またファイさーさんは、とても素敵な方で今回出会えて本当に良かったです。ハワイにまた是非来たいし、次回もまたファイアーさんにハワイを案内して頂きたいと思いました。

アラモアナセンターからワイキキトローリーのピンクラインでヒルトン・ワイキキ・ビーチホテルに戻る

ワイキキトローリー(ピンクライン)

ワイキキトローリー(ピンクライン)

アラモアナセンターでショッピングをした後、センターから出ているワイキキトローリーでヒルトン・ワイキキ・ビーチホテルに戻りました。ヒルトン・ワイキキ・ビーチホテルは、ホテルの前にワイキキトローリーの停留所あり、とても便利でした。アラモアナセンターとヒルトン・ワイキキ・ビーチホテル間を含むピンクライン(ワイキキ・アラモアナショッピングコース)の路線間は片道2ドルですが、JCBのクレジットカードを持っていれば、カードを見せれば無料でした。(1枚のカードで本人と同乗の家族大人1名様、子供2名様(11歳以下)まで対象)

レジェンド「エミ」さんにホテルから3分圏内の手軽な日本食のお店を紹介頂きました

ホテルに帰ったら、早速エミさんのお店に直行しました。そしてエミさんにその日の出来事の報告をしました。エミさんはとても優しくて、まるで我が家に戻ってきたかのように私たちを温かく迎えて下さいました。いろいろおしゃべりが弾んでいる間にわかってびっくりしたのですが、エミさんと母はなんと同い年でした! あまりにも偶然でとてもびっくりしました。母は足が悪いのですが、一方エミさんは長年ゴルフをされていてフットワークが軽く、エミさんは自分のお店を「ジム」と呼んでお客様が来るたびに俊敏に動き回ってお客様をもてなされていました。エミさんはハワイに60年以上住んでおられ、その間ヒルトンやシェラトンにお店を何軒も持っておられたそうで、お店の壁にはたくさんの著名人と一緒に撮られた写真がなん百枚と飾ってあり、それらの写真全てが、各界の大御所の方々の若い時から現在に至るまでのエミさんとの親交の深さを物語っていました。エミさんは、いったい何者???

エミさんに、ホテルから3分圏内の手軽な日本食のお店をいろいろご紹介頂きました。詳しくは、「ヒルトン・ワイキキ・ビーチホテルは最高でした!」でご紹介していますので、是非読んでください!

ヒルトン・ワイキキ・ビーチ ホテルは最高でした!
ヒルトン・ワイキキ・ビーチは本当に素晴らしいホテルでした。もしこのホテルを検討されている方がおられましたら、是非お薦めしたいです! このホテルの素晴らしかった点をご紹介したいと思います。

引き続き、DAY-3の記事も更新しますので、宜しくお願い致します!

 

コメント

最近のコメント