ペットロス 共に生きる

アニメ風物語

家族の絆を見守り続けた小さな犬の物語 (第四話)

これは、家族の絆を見守り続けた小さな犬の物語です 第四話 前回までのお話は、私とお母さんがシンガポールから日本に帰国してからの生活についてでした。お母さんと一緒に数年間暮らした後、今度はお父さんと一緒に三年ほど暮らしました。私はこうして家族の...
6コマ漫画 あいちゃんとハッピーライフ

あいちゃん6コマ漫画14 「天の川へドライブ」

手術で疲れていたので、また少し眠ってしまったのか、どうやら夢を見ているようでした。不思議なことに、前のお母ちゃんが両手を広げて私を抱きしめようと待っているのが見えました。私はもう心臓の病気が治って思いっきり走れることがわかっていたので、全速力で前のお母ちゃんのと...
6コマ漫画 あいちゃんとハッピーライフ

あいちゃん6コマ漫画13 「がんばったよ」

手術は本当に大成功でした、私は、本当に頑張ったのです。私が麻酔から目が覚がさめた時、体がとても楽ちんでした。息をするのが今までみたいにしんどくないんです。先生が家で待機しているお母さんに電話をして、私が麻酔からはっきりと意識が戻ったこと、これからは心臓のお薬をも...
6コマ漫画 あいちゃんとハッピーライフ

あいちゃん6コマ漫画12 「ドッグラン」

翌朝、お母さんが病院に来てくれた時は、私は元気になっていました。おうちに帰ってもいいと先生に言われました。しかし、車で1時間ほどかけておうちに帰ったり、また病院に来たりすることが負担であること、手術をするなら肺の状態が良い時が望ましい事等を考え、お母さんは私の心...
6コマ漫画 あいちゃんとハッピーライフ

あいちゃん6コマ漫画11 「運命のスイッチ」

お母さんは、ある日、午後仕事を休み、会社からタクシーで帰り、そのままタクシーをアパートの下で待たせて、急いでアパートの部屋に駆け上がりました。お母さんがいつもより随分早い時間に帰ってきたので、私はびっくりして、耳がウサギみたいに立ちあがりました。私はびっくりする...
6コマ漫画 あいちゃんとハッピーライフ

あいちゃん6コマ漫画10 「お母さんの決意」

心臓病の私は、暑さがだめで、また肺水腫が起こる可能性があるので、いつもクーラーをかけておうちを涼しくしてもらっていましたが、7月に入り災害が起こりやすい時期になり、お母さんは心配して万が一災害等で停電が起こった場合に供える必要があると考え、お母さんはソーラー発電...
6コマ漫画 あいちゃんとハッピーライフ

あいちゃん6コマ漫画9 「日常の回復」

退院してからは、少し食欲が落ちたので、毎日お母さんが一生懸命ご飯を食べさせてくれました。でも最初は余り食べたくないと思っても、食べ始めるとお皿がピカピカになるぐらい綺麗に食べることが出来ました。お散歩も少しですが出来るようになり、梅雨なのに異常気象でとても暑い日...
6コマ漫画 あいちゃんとハッピーライフ

あいちゃん6コマ漫画7 「甘えん坊」

私は、お母さんが大好きでした。いつもお母さんにひっついていき、お母さんがトイレに行くときもついていき、トイレの前で待ちました。お母さんとお話ししたい時は、お母さんの手にタッチしてお母さんに振り向いてもらいました。私はお母さんに目でたくさんお話をしたので、お母さん...
6コマ漫画 あいちゃんとハッピーライフ

あいちゃん6コマ漫画8 「乗り越える」

リンスちゃんが亡くなってから2年が経ち、私がお母さんと暮らし始めて2年が経ちました。 いつの間にかお母さんにとっての私の存在がとても大きくなっていました。 そんな中、5月の異常気象のある蒸し暑い日に、私は珍しく朝から元気がなく、食欲がありませんでした。お母さんが...
6コマ漫画 あいちゃんとハッピーライフ

あいちゃん6コマ漫画4 「距離」

お母さんは、カートをもってきてくれていました。私はそのカートに乗って電車でお母さんのお家に向かいました。お母さんのお家に向かう途中、私はカートの中でとても静かにお行儀よくしていましたが、横目でお母さんの事をじっと観察していました。お母さんは「おりこうさん...
スポンサーリンク