令和元年 母とハワイ旅行(素晴らしき出会いの旅 DAY-1)

ワイキキビーチでサンセットを眺める親孝行は修行なり
ワイキキビーチでサンセットを眺める

スクートBzでハワイまでの空の旅

搭乗時間3時間前に、スクートのチェックインカウンターへ行きました。一応ビジネスクラスだったので、すぐにチェックイン出来ました。スクートに予約時に母のために車椅子サービスを申し込んでいましたが、貸してもらった車椅子は、なぜかJALの車椅子でした。ゲート前から飛行機の登場口まで車椅子を押してくださった方もJALの方でした。スクートは、車いすサービスをJALに委託しているのかもしれません。嬉しいことに、ターミナルも大手航空会社と同じターミナル1でした! 母が関空の免税店で知人から頼まれた買い物をしたかったので、私が車椅子を押して買い物をすませてからゲートまで行くことにしました。保安検査も通関も、待ち時間一切なく優先レーンで通して頂きました。

シンガポールチャンギー空港ベースのLCCのスクートは、とにかく乗務員の笑顔が最高でした。みんないつもにこにこしていて、呼んだらすぐに来てくれて、とにかく底抜けに明るくて優しいんです。ただ、やはりLCCです。ビジネスクラスとはいえ、プラスチックカップの水以外は全て有料で、毛布を借りようとしたらシンガポールドルで15ドルぐらいだと聞いて、借りるのをやめました。耳栓も1セット2ドルでした。食事ももちろん有料で、チケット購入時に既に食事も予約していましたが、とても簡単なものなのでいつでも食べたいときに注文出来ました。

ビジネスシートは、行きは一番先頭の席で前が広くて良かったのですが、帰りは一番先頭の席ではなかったので、前後の方がリクライニングを使用するとちょっと狭かったです。

でも、大手航空会社のビジネスクラスの約半額で、乗務員さんたちから最高の笑顔でサービスを受けたので、母も私もスクートでの空の旅は大満足でした。

96cmのレッグピッチと幅56cmの広々シート

96cmのレッグピッチと幅56cmの広々シート

スクート 自動調光 偏光 ガラス窓

スクート 自動調光 偏光 ガラス窓(オープンな状態)

 

スクート 自動調光 偏光 ガラス(閉じた状態)

スクート 自動調光 偏光 ガラス(閉じた状態)

ホノルル空港到着時に、再度車椅子サービスを受けました。お子様が車椅子を使用されている家族の方々と一緒に入国審査へと進みました。空港内シャトルバスでの移動や、専用エレベータ使用など、空港内の優先ルートをあっという間に通り抜け、出口まで送って頂きました。広いホノルル空港での移動は、私一人では到底無理でしたので本当に有難かったです。

空港からヒルトン・ワイキキ・ビーチ ホテルまでの送迎は、世界2352都市の現地在住日本人(ロコ)が登録している「トラベロコ」で前もって依頼していました。「トラベロコ」はたまたまネットで見つけたのですが、送迎や観光ガイドのオファーをされている何人かの(ロコ)の中から、それぞれロコの方のプロフイールを拝見し、「トラベロコ」専用のメッセージツールでやり取りを開始して、気に入った(ロコ)の方にお願いするというとても便利なサービスです。私は、空港⇔ホテルの送迎をあるロコの方に、そして二日目のホノルル観光を別のロコの方にお願いをしました。このサービスは本当に便利で、利用してとても良かったです。詳しくは、母とハワイ旅行(素晴らしき出会いの旅 Day-2)で記事にしますので、お楽しみに!

ホノルル空港を出たところで、白のリンカーンとロコの方が待っていてくださり、ヒルトン・ワイキキ・ビーチホテルまでお送り頂きました。早速アーリーチェックインを済ませ、29階の部屋に入ったところ、部屋の窓からは素晴らしい景色が広がっていました。ハワイの虹が私たちを出迎えてくれました!

ホテルの窓から雄大な山々や街並みを眺める

ヒルトン・ワイキキ・ビーチ ホテルの窓から雄大な山々や街並みを眺める

ハワイでは珍しい24時間営業のレストラン「M.A.C.24/7」で名物のパンケーキを食べました!

母も私も機内では眠れなかったので、時差ボケでしたが、ヒルトン・ワイキキ・ビーチ ホテルにチェックイン後とりあえず食事をしようとホテルの中にあるレストランに行きました。メニューをじっくり見る前に目に留まったのが、事前に調べていたこのレストランの名物のパンケーキでした。直径31センチ3枚重ねの超特大パンケーキで、90分以内で一人で食べきったら無料になるそうでしたが、二人とも時差ボケで食欲もないのに、何故パンケーキを頼もうとしているのか思考能力もなくなっていました。とりあえず少し小さめのパ ンケーキ($12~)を頼むことにしました。いくつか種類があったので、店員さんにお薦めを聞いたところ、何種類かのフルーツがトッピングされているものがお薦めとのことでそれを頼みました。しかし、出てきたのはチョコチップがトッピングされているものでした。お店の人もテーブルまで運んできた時に、間違った事に気づいたようでしたが、笑いながら間違えましたのような意味のこと英語で言って、交換するでもなくそのまま立ち去っていきました。

ハワイでは珍しい24時間営業のレストランM.A.C.24/7で名物のパンケーキを食べた

ハワイでは珍しい24時間営業のレストランM.A.C.24/7で名物のパンケーキを食べた

レストランからホテルの中庭を眺めていると、変わった鳥たちが芝生で遊んでしました。

ホテルの中庭の芝生の上で鳥たちが遊んでしました。まるで置物のよう。

ホテルの中庭の芝生の上で鳥たちが遊んでしました。まるで置物のよう。

ホテルの中庭の芝生の上で遊んでいる綺麗な鳥の番い

ホテルの中庭の芝生の上で遊んでいる綺麗な鳥の番い

ハワイ ロミロミマッサージ体験

昼食を終えて、予約してあった送迎付きのハワイのロミロミマッサージに出かけました。私はマッサージは苦手なので、母だけ体験しました。とにかく最高に気持ちが良かったそうです。キューブ・コスメティクス店は、センチュリーセンター37階にあり、眺めが最高でした。

ハワイのロミロミマッサージを受けにキューブコスメティクスに。37階からの眺めは最高

ハワイのロミロミマッサージを受けにキューブコスメティクスに。37階からの眺めは最高

ブダバターのリップ

ブダバターのリップをお土産に買いました

夜はワイキキビーチで夕食

ヒルトン・ワイキキ・ビーチ ホテルからワイキキビーチまで歩いて5分ぐらいでした。ビーチのサンセットを眺めながらレストランで夕食を食べました。

七色に輝くワイキキビーチ

七色に輝くワイキキビーチ

ワイキキビーチでサンセットを眺める

ワイキキビーチでサンセットを眺める

レジェンド「エミ」さんとの出会い

ビーチからヒルトン・ワイキキ・ビーチホテルに戻り、ホテルの売店兼ブティックでペットボトルの水を買おうとしていたら、背後から日本語で話しかけられました。振り返るととても素敵な女性がお店に立っておられて、とても親しげに私たちに話しかけて下さいました。この人こそレジェンド「エミ」さんで、この日から帰るまでの間、母と私は毎日「エミ」さんのお店に立ち寄り、お茶やフルーツをよばれたりして、「エミ」さんとの楽しい時間を過ごさせて頂きました。

この続きはDAY-2の記事で書きますので、どうか楽しみにしていてください!

コメント

最近のコメント